オンラインカジノ(ベラジョン)違法性

このサイトにたどり着いた方の多くは、ベラジョンカジノに関心がある方だと思います。

それなら、先の誤送金問題で、オンラインカジノの存在が世間でネガティブに注目されるというのがありましたが、そのことで不安になった方も多いのではないかと思いました。

 

予備知識がない方だと、オンカジっていう危ないネットゲームがあるみたいだよ~と思われても無理はないかなぁと思います。
オンカジなんて興味ないしやりたいとも思わないという方にとってはどうでもよいことの一つかもしれません。
私が危惧するのは、せっかく興味を持ったのに正確な情報なしに、オンラインカジノをあきらめてしまう方がいることです。

ここで、オンラインカジノの違法性についてとベラジョンはどうなのかについても紹介してみます。
参考になったのが、ウィステリア・バンデル法律事務所 代表弁護士の藤澤潤先生の動画です。

まず、オンラインカジノを日本国内でプレーすることの違法性ですが、現在のところ違法だとは断定できません。
ネットを見ると、海外の胴元が違法にならないのだから、プレイヤーだけを処罰することができない。よって、オンカジを日本でプレイするのは合法だという意見が多々あります。
裁判例、最高裁判例、学説がない以上、合法と断定するのは言い過ぎでしょう。表現を変えるとグレー。あるいはグレーゾーンです。
一方、胴元が逮捕できなくても、賭博法上の単純賭博罪か常習賭博罪のどちらかになるから違法だとするのも同じ理由で現時点では間違いです。

また、海外ライセンスを取得しているオンラインカジノなら合法との根拠も、オンカジが違法でないということの理由にはなりません。

問題の本質は違法かどうかというよりも、むしろオンラインカジノをやると捕まるかどうか?ではないかと思います。

これを言うと、
え~~~違法なら捕まるでしょ、と思われるかも知れません。
でも、車道に停まって仮眠されたり、スマホを見てるドライバーってごまんといますよね。
あれ、違法ですから。
捕まらないだけで。

あと、仕事で駐車してる配送の方。
あれも違法です。

車を離れて戻るのが遅いと駐車違反の黄色い紙を貼られてしまいますが、乗車中で違反となるケースはまずありません。
(事実交通妨害の実害があり、かつ要求に応じなかった場合とか特殊なケースは除きます)


ならば、オンラインカジノの違法性を気にされるのはどんな人かというと、ほとんどは、これからプレイしてみようかなと興味関心がある人じゃないでしょうか?
そんな人が恐れるのが、やったら捕まらないか?
ということじゃないでしょうか?

オンラインカジノで問題となるのが賭博法であり、その賭博法で客が逮捕される大前提としてあるのが、その賭博の根源である胴元の処罰です。
現行の法律では、海外のオンラインカジノは処罰できません。
したがって違法にはならない。

これは事実です。

問題となるのは、胴元が捕まらないのにプレイヤーだけ捕まえるのかということです。
そもそも日本の賭博法では、利用客が逮捕されるのは胴元とセットという考え方があります(必要的共犯の考え方)
この考え方に立てば、プレイヤーだけ逮捕するというのは非常に違和感があると考えるのがオンラインカジノでは捕まらないと考える人の本質です。
そしてそれを裏付けるのが必要的共犯です。

過去、逮捕されて不服申し立てを行った結果、検察が不起訴としたのもそういった思惑(裁判で争っても勝てる見込みがない)があったのではないかともいわれます。

いずれにしても、学説、最高裁判例、裁判例がないので、処罰されるかどうかははっきりとした答えはありません。


その一方で、賭博行為自体は賭博法上の単純賭博罪や常習賭博罪に該当するから違法だというのがオンラインカジノは違法だと主張される方の考え方でしょう。


私個人としては、賭博法自体はそもそも胴元を取り締まるための法律であることから、本筋でないプレイヤーを胴元が取り締まれないのに捕まえるというのは違うのではないかと考える立場です。


ただし、最近では、台湾で、それまでは私的なオンラインカジノのプレーは無罪としていたのを新たな法改正で違法とすることがあったそうです。

したがって、今後日本においてもオンラインカジノのプレイが違法として取り締まりの対象となりうる可能性はあります。

ポイントは、そういった法改正が出来たらやらない、でよいのかなぁと私は考えます。
少なくとも、現行の日本の法律上、海外ライセンスのある(サーバー管理運営が海外)オンラインカジノを日本国内でプレーすることで捕まるといった話は聞きません。
あるのは、違法だとかグレーゾーンとか問題ないといったちょっと質的に違う内容です。

これらを踏まえたうえで可能性が心配であればやらない。といった選択肢ももちろん尊重します。


ネットで調べてみると、専門家の方や著名人の方で、違法と断言されている方が目立ちます。(仮に違法だとなってもそれが即逮捕にならないのは車道の駐車と同じです)
それとはべつに、法務省、北海道警察本部、北海道警察生活安全課に問い合わせた動画では、いずれも違法と断言されていなかったという動画があったことも掲載されていました。
 

© 2022 ベラジョン 登録 rss